京都大学医学部附属病院 放射線治療科

menu

入局者の声

米山 正洋:平成27年卒、29年入局

このページをご覧になっているということは、今後の進路に放射線治療、もしくは癌治療を志されている方なのではと推察します。しかし、放射線治療については学生の頃を含めてしっかりと触れる機会がなく、全景をイメージしにくいというのが実情ではないでしょうか。

放射線治療は手術、化学療法と並んだ癌の3大治療のひとつですが、馴染みが薄いことからまだまだ人々に知れ渡った治療とは言えず、医師及びコメディカルの人数も不足している状況です。本来は切除と同等の根治成績を持つ放射線治療が選択肢に挙がらなかったり、癌性疼痛のコントロールに薬物療法だけがなされているケースなども多々見受けられます。あらゆる治療/手段を組み合わせて行うのが癌治療ですが、欧米と比較しても日本の癌治療では放射線治療が活躍しきれていないのが現状です。

私は大学4回生ごろから、形態温存が可能で癌診療に横断的に関われるこの科を志していました。浮気することなく入局できたのも、学生の見学時から関わってくださった指導医の先生方に大きく影響されたからです。現在は放射線治療の実臨床について勉強する毎日ですが、その先には医学物理学、放射線生物学、臨床研究といった世界も広がり、放射線治療の世界の深さには入局してからも驚くばかりです。

京大の放射線治療科は日本でも屈指の規模とネットワーク、そして指導医の先生方の層の厚さを誇ります。私自身が将来どのような分野を専門にするかはまだ定かではありませんが、この京大放射線治療ネットワークの中で研修、指導を受けられたことはかけがえのない財産になると感じています。

私は現在天理よろづ相談所病院で修練医2年目として画像診断と放射線治療を平行して研修していますが、診断科の先生方とも非常に良好な関係を築けています。また、大学や他の病院に修練医として赴任している同期とも積極的にコンタクトをとれる環境です。初期研修医の時は1年目医師を始めて雇用し、しかも一人という中でしたので(それはそれで修行にはなったのですが))こうして同期や近い年代の先生がいる環境は大変ありがたく感じますし、刺激も受けます。

以上、京大放射線治療科の魅力について少しだけでもこれをご覧になっている先生方に伝われば幸いです。私自身のように、他大学からの入局者にも門は常に開かれています。少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度見学にお越しください!

 

鳥塚 大地:平成26年卒、28年入局

私は大学5年の時点から漠然とがん治療に興味を持っていましたが、放射線治療医になる契機となったのは母校の臨床実習でした。臨床実習で初めて放射線治療医の日常業務・がん治療において果たす幅の広い役割を目の当たりにしました。

私の考える放射線治療医の最大の魅力は全身のあらゆる臓器に対し、根治・緩和治療に関われる点にあります。

当科は日本で有数の規模を誇る医局で、臨床・研究の両面においても非常に積極的に取り組んでいるのが特徴です。私自身は京都大学出身ではありませんが、他大学出身の先生も数多く在籍され分け隔てはありません。また京都大学医学部附属病院の大きな特徴としては、臓器別にユニットに分かれて治療方針を検討するカンファレンスが開かれる点にあります。例えば、肺癌であれば手術適応の有無、術前・術後の治療に関して外科・内科医・放射線治療医・放射線診断医が集まり協議することとなります。他科の先生の治療方針を決定する際の思考過程について学ぶことが出来大変勉強になります。日々、勉強する必要のあることは非常に多く大変ではありますが、興味が尽きることはありません。

学生時代の私がそうであったように放射線治療医の日常業務や魅力に関しては、外部からはなかなか理解しにくい部分がありますので、ご興味がある方は是非見学にお越しください。

 

迫田 万理恵:平成25年卒、27年入局

 放射線治療は、癌治療の重要なツールの一つでありますが、放射線治療室は病院の端にひっそりと佇んでいることが多く、国家試験でもなかなか出題されないため、どうしても初めはとっつきにくい領域だと思います。私が放射線治療のことを初めて知ったのは、学生時代の講義でした。臓器別に講義が組まれていましたが、それぞれの分野で、最終日に放射線治療の講義がありました。その中で、食道癌が化学放射線治療で綺麗に治った症例が強く印象に残り、臓器を温存しながら治療することの可能性に惹かれるようになり、初期研修で放射線科を2ケ月間選択しました。放射線治療科で出会った先生方が、それぞれの癌・臓器の特徴を考えながら治療をされており、もっと深く知りたいと思ったことと、じっくりと治療計画を作るのは自分の性格に合うと感じ、放射線治療医になることを決めました。また、放射線治療医が全国的に少ない中、同年代の医師と一緒にしっかりとした研修をできることから、京都大学放射線治療科の門を叩きました。入局後は、大学病院の放射線治療科で2年間研修を積ませていただいた後に、滋賀県立総合病院に赴任しました。京都大学は関連病院が多くあるので、色々な規模の病院を経験することができ、新たな視点から治療を見直すことができます。

 様々な種類の癌や、闘病の段階において、放射線治療がはたす役割はたくさんあります。まずは、患者さんに放射線治療のことを知ってもらうことで、治療の選択肢が広がり、患者さん本人に、自分にあった治療を考えてもらうことが可能となります。癌治療・放射線治療に興味がある方はもちろん、外科・内科を目指す方も、ぜひ初期研修中に1度は放射線治療科をまわって頂きたいと思います。特に、京都大学病院の放射線治療科は、医師がたくさんいて質問をしやすいですし、各領域を専門として研究しているスタッフがおり、活気にあふれています。それぞれが放射線治療の中でも専門分野を持ち、主科とディスカッションを行いながらより良い治療を目指して治療を行っています。少しでも興味がある方はぜひお越し下さい。

 

武野-慧 武野 慧:平成24年卒、26年入局

放射線治療も徐々にがん治療の3本柱の一つとして認知されつつありますが、まだまだ外科・内科と比べると圧倒的に人数も少なく小所帯であるのが現実です。また、放射線科医と言ってまず一番に想像されるのは画像診断でしょう。残念ながら放射線科の中でも、放射線治療はマイナーな存在です。しかし、オンコロジーをやるうえで放射線治療はなくてはならない存在であり、その病院のがん治療の質を左右しうる存在であることは間違いありません。また、放射線科の中でも、最近では徐々に診断と治療の講座が分かれつつあり、存在感を増してきています。

そのような中において、京都大学の放射線治療科は日本で有数の規模を誇る医局で、臨床・研究の両面においても非常に積極的に取り組んでいるのが特徴です。私は学生時代からがん治療、とりわけ放射線治療に興味があり、研修先として放射線治療の分野で最も有名な京都大学を選ぶことには迷いはありませんでした。私自身は京都大学出身ではありませんでしたが、京都大学の学風として外部から来る先生に対してもオープンであることも大きな魅力でした。

先ほど申し上げた通り、がん診療は外科・内科・放射線治療科が協力して進めていくものであり、放射線治療の研修を受けるにあたっても、他科とのかかわりが非常に重要になってきます。その点も京都大学の放射線治療科なら、食道癌・膵癌・脳腫瘍・頭頸部癌などの疾患ごとに合同でカンファレンス・診療を行うユニット制を採用しており、がん診療全体の中での放射線治療の立場を踏まえた研修を受けることができることも大きな特徴です。 放射線治療科としての規模が小さいと、往々にして内科・外科のオーダー通りに放射線を当てるだけになってしまいがちですが、京都大学のように放射線治療科が積極的であれば、単に放射線を当てるだけでなく、オンコロジストとして外科・内科と対等にディスカッションして、放射線治療を含めた治療方針の中から最適なものを提案することができ、まさに放射線治療医の醍醐味もそこにあると思います。

そして、何よりも大切なのは仲間です。京都大学の放射線治療科は年代の近い同期や先輩がたくさんおり、気軽にいろいろ教えてもらったり、相談に乗ってもらったり、様々な刺激を受けられることが大きな魅力です。 放射線治療の魅力はなかなか言葉だけでは説明しがたいですが、もし少しでも興味を持たれた方がいらっしゃれば、ぜひ一度見学に来ていただければいつでも大歓迎です。皆様と一緒に仕事をできることを楽しみにしています。

 

諏訪達也m 諏訪 達也:平成23年卒、25年入局

高齢化が進み、二人に一人が癌になるといわれる現在の日本において、放射線治療は、手術および化学療法と並んで、癌治療における三本柱の一つとして重要な役割を担っています。従来と比べ医療技術も発達し、既に放射線治療のみで根治出来るといわれる癌があり、同様に進歩する抗癌剤や分子標的薬と併用することで手術と同様に制御率の高い局所治療が可能です。また、今後は単に根治率を目指した拡大切除よりも、患者のQOLを考慮した治療法が重要視されるような時代となり、低侵襲・機能温存を実現する放射線治療は非常に効果的な治療法となることは間違いありません。例えるならば、従来の外科主導の治療から「科学のメスで癌を切る」治療へと変貌していくだろうと考えます。

京都大学の放射線治療科では、卒後3年目から放射線治療の研修が可能です。従来のように画像診断学と放射線治療学を並行して2年間学んでから放射線治療へ進むという流れも悪くないと思いますが、より早くから放射線治療業務を行うことは、化学療法や外科手術、画像診断学の知識も必要な分だけ付随して得ることができ、非常に効率よく研修できます。また、京大病院では既に各臓器の「がん」疾患単位で、内科・外科・放射線科を含む各科が合同で診察する「がんユニット」を設立し、他科の知識が得やすい環境もあります。

初期研修中、私自身は、実は始めは横断的な知識を有するジェネラリストに憧れていました。オンコロジストというのは腫瘍専門家であり、悪く言えば専門馬鹿的な面もあるかもしれませんが、全身の腫瘍を横断的に見ることのできる(通常の内科・外科は臓器別に専門分化しているのとは対照的)科であり、このユニークな面に興味を持ち放射線腫瘍科を志すことにしました。母校ということもありますが、今までに述べた理由もあり、京都大学放射線腫瘍科に入局することに迷いはありませんでした。

放射線腫瘍科は、馴染みが無いという理由で、初めはなかなか興味を持ちにくいかもしれませんが、やりがいのある仕事で、その魅力は文章では語りつくせません。もし少しでも興味ある方がいらっしゃれば、ぜひ一度、放射線治療の世界を垣間見て頂ければきっと御理解いただけると思います。心よりお待ちしています。

 

芦田良m_写真 芦田 良:平成22年卒、24年入局

私が放射線治療を目指したきっかけとしては、他の方々のように「腫瘍学」としての側面もありますが、放射線物理や治療装置にかかわる機械・物理の側面もありました。 放射線治療科はリニアックなど放射線を照射するための装置や、治療計画装置と呼ばれるCT上で放射線の挙動をシミュレーションするソフトウェアを使用するなど、機械に触れることが多い科です。私はもともと物理学やソフトウェア開発などに興味もあったので、そういった点に興味を持ち始めたのがきっかけでした。私が初期研修医だった時、京大放射線治療科と三菱重工の共同開発放射線治療装置、Vero 4DRTの話を聞き、これが入局を考えるきっかけとなりました。機械・物理の研究は直接患者さんを治すものではないですが、技術・道具の進歩は医療水準の上昇にも繋がり、結果的に将来の患者さんの治療可能性を引き上げることができるものと考えています。京大放射線治療科では物理士の方も多く、こういった面でも力を入れています。

ただし、臨床において放射線治療を行う上では腫瘍の性質、患者さんの状態・予後などを考慮する上で腫瘍学的な知識は不可欠となってきますが、物理・機械的な知識は必ずしも必要と言うものではありません。近年はロボット手術など、他科でも機械に触れることはありますが、それらに機械工学の知識がほとんど不要なのと同様です。機械系が苦手な人でも実臨床で困ることはまずないと思いますのでご安心ください。 また、臨床面についても、私は後期研修医として最初の2年間を京大病院、3年目を倉敷中央病院で研修をしていますが、2年目以降は年間300件を超えるペースでの治療計画数を行っています。IMRTやSRTなどの高精度治療も症例数が多く、臓器領域も京大病院ではユニット制を組み他科の先生と共同の外来システムをとり、ほとんどの領域をカバーできています。また、関連病院の数も多く、各地に存在しているので症例の取り合いになるようなこともまずないと思います。多くの症例に触れることは技術を磨く上で大事ですので、技術向上にもいいでしょう。

ここまで書かせて頂きましたが、腫瘍学を学ぶ、臨床を頑張る、の他にも、物理や機械に興味がある、といった面からでも放射線治療は面白い科だと思っていますので、興味のある方は是非一度放射線治療を見に来て頂ければと思います。

 

中村 清直 中村 清直:平成21年卒、23年入局

「放射線治療医です」と自己紹介をすると、放射線診断医と勘違いされることもしばしばあり、放射線治療の認知度はまだまだやなぁと痛感します。 がん治療の3本柱の一つとして、手術・化学療法と並んで重要な役割を果たしている放射線治療ではありますが、医学部の学生の方や初期研修医の先生にはなかなか関わりの薄い分野だとは思います。

僕自身、初期研修医になっても放射線治療とは緩和治療の一つ、という程度の認識で、2年目の初めまでは消化器外科を志望していました。しかし低侵襲な手術が可能になったとはいえ、やはり患者への負担は大きく、術後なかなか離床が進まない症例や早期に再発した症例を経験すると、本当に手術しかなかったのかと疑問を抱くようになりました。そんな時期に放射線治療科の先生と話をする機会があり、緩和治療だけではなく根治治療としても十分な実績をもっていることを教えていただき、放射線治療科に進むことを考えるようになりました。 もちろんすべての腫瘍が放射線治療で根治できるわけではありませんが、疾患によっては手術と同等の治療成績を上げているものもあり、また手術や化学療法と組み合わせて治療することでより治療成績が向上するものもあります。何より、低侵襲かつ臓器を温存した治療が可能であるため、年齢や合併症のため手術が困難な症例や、発声機能や眼球・膀胱・子宮・肛門などの臓器を温存したい患者の期待に応えることが可能です。 新専門医制度の関係から、どこにも所属せずに一人で勉強し修行していくのは難しい時代になりました。

京大は全国でも稀に見る規模の医局で毎年多くの入局者がおり、多くの同期やほかの施設の先生と意見交換することもできるため、修練の場としてとてもよい環境だと考えます。 すこしでも興味を持っていただけたなら、ぜひ一度見学にいらしてください。言葉では語りつくせない放射線治療の魅力をお伝えできると思います。

 

平田希美子m 平田 希美子:平成20年卒、22年入局

がん治療に関わる仕事がしたい、私は学生時代になんとなくそんな風に思いながら病院実習をしていました。放射線科の実習はたった1週間でしたが、放射線治療でがんを根治し得た症例を目の当たりにし、放射線治療に興味を持ちました。その後、初期研修中に放射線治療の根治的治療の役割だけでなく緩和治療としての側面も知る機会があり、ますます面白い分野だと感じ生涯の仕事に決めました。

京都大学放射線治療科はスタッフも関連施設も多く、後期研修医として充実した教育を受けることができます。大学病院では充実したスタッフの下、1例1例について深く勉強することで放射線腫瘍学の基礎や放射線治療医としての基本的な技術を学びます。大学病院での1年間の研修の後、私はがんセンターで研修する機会を得ました。そこでは数多くの症例を経験し臨床医としてのスキルを磨くことができました。現在は大学院生として再び大学病院で臨床に携わっていますが、同じように関連施設やがんセンターで研修した同世代の医師と活発に議論しながら、各施設での治療法や考え方の相違を聞き見識を深めています。 同世代の仲間との出会いは、私にとって大変有難いことでした。これほど入局者数の多い放射線治療科の医局は全国でも類をみないのではないでしょうか。医師の数が多いことで経験症例数が減るという懸念もありますが、その分関連施設も多いので症例数不足を感じたことはありません。逆に、同世代の仲間がそれぞれ研修してきたことを共有し、多くの知見を得られています。そして、日常の小さなことも相談できる仲間がいることはとても心強いことです。 放射線治療は少しマイナーな分野なので、足を踏み入れにくい領域かもしれません。けれど、がん治療において重要な役割を果たす分野です。

そして、京大放射線治療科では、一人前の放射線治療医になるための教育カリキュラムが整っていると同時に、志を同じにする同世代の仲間が大勢います。がん治療や放射線治療に興味をお持ちの方は、ぜひ京大放射線治療科へいらしてください。

(平成29年に大学院を卒業後、京都市立病院で勤務)

 

放射線治療~がん治療の重要な一翼です~

岸 高宏:平成19年卒、21年入局

現在の日本は、二人に一人が癌になり、三人に一人が癌で亡くなる時代です。放射線治療は、手術および化学療法とならんで癌治療における三本柱の一つとして数えられます。放射線治療のみでも根治出来る癌があり、手術と同様に制御率の高い局所治療が可能です。また、化学療法と併用することで、更に制御率が向上させることができます。このように放射線治療は、現在の癌治療において非常に重要な役割を占めています。 高齢化が急速に進む今日の日本では、癌治療においても低侵襲治療の必要性が高まっています。また、患者のQOLを大切にした治療の必要性も高まっており、機能を温存することが重要視されています。放射線治療は、この低侵襲、機能温存を実現する非常に効果的な治療法です。医療従事者はもちろんのこと、患者さんにもこのような放射線治療の長所が理解されつつあり、放射線治療件数は年々増加しています。

私が医学部に入学したころは放射線治療のことなど全く知りませんでしたが、講義で上記のような放射線治療の有効性、将来性を知り、放射線治療科を選択するに至りました。 放射線治療は通常数週間を要する治療である為、治療中に患者の症状が日に日に改善していく様子や腫瘍が縮小していく様子を観察することが出来る機会も多く、放射線治療の効果を改めて感じるとともに、非常にやりがいを感じます。私はまだ放射線治療の経験が浅く、高度な治療は未経験ですが、今後そのような治療にも携わるようになると、さらに効果の高い治療、負担の軽い治療が出来るようになるのだろうと今からとても楽しみにしています。

どのような分野かなじみも薄く、なかなか興味を持ちにくい面もあるかもしれませんが、非常に有意義でやりがいのある仕事です。一人でも多くの方に興味を持っていただいて放射線治療科の門を叩いて頂きたいと思います。